So-net無料ブログ作成

浜名湖サイクルツーリング2016、走ったよ~。その5 [ちょいコギ]

浜名湖ガーデンパークがスタート/ゴールの浜名湖サイクルツーリング。
昨年に引き続き、参加してきました。チェックポイントD がある松見ヶ浦広場を正午を回った頃にリスタート。次のチェックポイントである海湖館を目指します。
ここからは市街地走行が主なので、場所によっては速度も乗りますが、住宅街を抜けたりしますので、安全走行を励行です。
DSC06078.JPG
今回はチェックポイントで休憩しているから、先頭集団ははるか先。
昨年は、気付いたら先頭集団にいましたから(苦笑)
湖寄りの道からそれてR301に一旦出ますが、結構車の交通量も多く、緊張感が漂います。
程なく、R301から1本湖寄りの市道へ入ります。
DSC06078b.JPG
ちょうどスタッフさんに追いついたので、引っ付いて住宅街走行です。
湖岸に沿うように道は走っているのですが、そんなに眺めは良くはありません。
東海道新幹線、東海道本線の軌道を越え、再びR301に合流します。
DSC06079.JPG
新居関所の門をくぐって、ここからは歩道を走りますよ~。
前回は観光客の団体がちょうど来たところで、門はくぐれませんでした。
DSC06080.JPG
東海道本線 新居町駅前を通過します。歩行者が少なくて幸いでした。
DSC06081.JPG
湖西警察署の所でR1を横断し、少し戻って新居町駅前交差点を左折します。
昨年は新居高校の所を左折し、海湖館に続く松並木?の道に二段階右折合流したのですが、今年は直進して、突き当りの住吉神社を左折、その先の海湖館へ向かいます。
おそらく信号待ちで結構渋滞した記憶もありますので、その関係でのコース変更でしょうか…。案内資料が届いてからの急なコース変更でしたけどねえ。
R1から住吉神社までは直線。車通りも少なく、信号は一か所のみですが、海からの風が若干あって、皆さん苦しそうです。海寄りになってから弱い横風で消耗し始めているかもね。
よ~し、じゃあ風よけになるんで着いておいで~とばかりに抜け出し、トレインの先頭を走りますが…。
振り向くと、誰もいませんでした…(苦笑)30km/hで引っ張るもんじゃなかったか…。
DSC06082.JPG
松林に沿って進んでいくと、その先に新居弁天公園があり、海湖館があります。
DSC06083.JPG
12:50過ぎ、チェックポイントEに到着です。
DSC06084.JPG
海湖館でのエイドといえば、こちらの卯月園さんのうず巻です。
いちおう、松見ヶ浦広場でスポーツようかんを1本補給してきましたが、このあんこ系和菓子はちょっち疲れた身体にはご褒美ですな~(微笑)
ちょうどボトルの水も切れたので、自販機でミネラルウォーターを購入し、電解質パウダーを投入、ラストスパートに備えます(?)
DSC06085.JPG
自販機帰りで。謎のオブジェ越しのチェックポイントテント(笑)
バルタン星人の手かと思いましたが、違うみたい…。
DSC06090.JPG
アクションムービーカメラ充電の為、私も腰を下ろして休憩中。
座っていると、気持ちのいい風なんですけどねえ(苦笑)
DSC06091.JPG
13:05頃、海湖館をリスタートし、R1 新居弁天入口交差点目指して北上します。
先頭集団からいい感じで間をあけているはずなので、前後を走る参加者も疎らです。
DSC06092.JPG
R1 新居弁天入口交差点です。この先は新弁天交差点まで歩道走行です。
新弁天交差点を左折し、K323へ接続。車の通りも多いので歩道を走ります。途中横道から、参加者ではないサイクリストの集団が2つ、K323を走行していきました。舘山寺町周辺でも見かけましたが、結構走りに来る人達いますねえ。
ここからは湖の上の橋を、湖を渡る少々冷たい風に耐えながらゴールを目指します。
私の直前を1名の方が頑張って引いてらっしゃいましたが、渚園運動公園辺りで歩道の歩行者を避ける為に車道へ。私を含め後続集団も続きます。
遠くに路肩走行の集団も見えたので何の疑問も持ちませんでしたが、昨年は歩道で戻ったなあ~と。当時は皆必死でペダルを回してましたから(苦笑)
雄踏町方面への分岐の丁字路辺りで、遊歩道で望遠レンズを構えるALL SPORTSのカメラマンと目が合いました(笑)
おいおい、そっちじゃねえよ~という彼のキョトンとした顔は正直吹き出しそうでした。ひと集団が車道側通過してっちゃいましたからねえ。
先頭の彼がかなり辛そうで、どこかで歩道に上がる方が良いですが、歩道に上がれるスロープもない上、車の通りも多く減速も危険と判断し、車の切れ目を見て、引きますっと前に出ます。
結局、歩道に上がれる切れ目をガーデンパークの駐車場南ゲートの横断歩道で見つけたものの、先の一般サイクリスト集団が切れ目で待機していた為に断念~(泣)
もう少し先まで路肩を走り続けます。頑張れ、私!
ようやく、ゴールに続く北ゲートに向かう未舗装路におり、K323をくぐって水路沿いに戻ったのは、それから程なくしてのこと、
DSC06093.JPG
あの先を右折すれば、ゴールの駐車場はすぐそこだ~。
ちょうどファミリーコース参加者もゴールのタイミングです。ウィンニングランってことで、無理には抜かさず、一緒に流していきます。
13:35頃かな?ゴールゲート通過です!無事に帰ってこれました~!
ん?あまり写真ありませんねえ?気付きました?
実はチェックポイントEから要所要所で録画ボタンは押していたのですが…。バッテリーも気を付けてて、ちゃんと電源入ったのも確認してたし…。結果的に言うと、メモリの容量オーバーで録画されてませんでした~。ちなみに気付いたのは帰宅後…。
なので、頑張って湖上を走っているのとか、ゴールゲートをくぐる瞬間とか、撮ったつもりで録画されてなかったんだな。当然動画からキャプチャーするつもりだったから、デジカメ撮影もしないで頑張ってこいでいたわけで…。
終盤にして、このうっかり度合は…コメディとしか思えませんねえ(笑)
まあ、昨年のMtFUJIエコサイの、メモリ紛失よりはダメージは少ないのですが(苦笑)
DSC06094.JPG
完走認定の為に受付テントに向かいます。結構戻って来てますねえ。
直前まで晴れていたのに、急に曇っちゃって、冷たい風が吹き抜けるようになりました。その中でアンケート書いて、受付で完走認定もらって…。
DSC06095.JPG
全部スタンプ押してもらいました~!さあ、おしるこもらいましょう~。
DSC06096.JPG
ちょっち冷えてきた身体に、温かいおしるこが効きますぜ~。ごちそうさま~!
DSC06096b.JPG
こちら、CATEYE Cycilngのログ画面です。浜名湖一周してきましたよ~!
総行程83.54km、走行時間 3時間58分、平均速度21.6km/h、獲得標高804mでした。
レギュラーコース 90kmといいつつ、実際は83km程度なのは相変わらず。後半ちょっとしんどい思いもしましたが、天気には恵まれた方で、豊かな浜名湖の湖畔風景を眺めながらのサイクリングは、昨年同様楽しかったです。
スタッフさん達も朝早くからご苦労さまでした。特に要所に立っている案内係の方々は大変だったと思いますが、おかげでミスコースもほぼなく、無事に完走することが出来ました。
こういうロングライドイベントとかって、どれだけ地域住民の方に理解されるかが、継続できる鍵だと思います。近隣でも一発イベントみたいなのや、規模が大幅に縮小したイベントもあります。
運営スタッフの方々の努力は多大なものがあったと思いますし、周辺住民の方々の温かい声援には励まされました。
我々サイクリストは、その思いに応え、マナーを守って今後も参加していきたいと思います。
ありがとうございました~!

帰り支度も終え、東名高速で帰路へ。
特に疲労感もなく、眠気もまだなかったので、休み休み帰りましょうと、遠州豊田SAへ。
DSC06097.JPG
家族にお土産でも…と、車を降りようとした瞬間、右太もも裏がつりました(笑)
しばし、シートから動けず…。飲料ボトルは自転車横に転がして荷室に、タブレットの2RUNもトップチューブバッグの中…。どちらも届きませ~んっ!
数分うめいて、ようやく荷室から取り出した2RUNを、ボトルの水で流し込んで暫し安静。
ようやく落ち着いたところで、施設内に向かったんだな。
まさか、こんな所で足がつるなんて…(苦笑)
DSC06106.JPG
東名高速は秦野中井ICから先は渋滞中とのこと。富士山が手招きしてますが…(微笑)
とりあえず渋滞が延伸した御殿場ICで下り、ガソリン補給してR246でおとなしく帰りました。
昨年は乙女峠~箱根を抜けようとして、動けなくなりましたから(苦笑)
無事帰宅したのは、27日の18;45過ぎのこと。
アクセスが遠いのも大変だけど、自走よりはいいかなあ~(笑)
浜名湖サイクルツーリング2016レポートでした~!


浜名湖サイクルツーリング2016、走ったよ~。その4 [ちょいコギ]

浜名湖ガーデンパークがスタート/ゴールの浜名湖サイクルツーリング。
昨年に引き続き、参加してきました。チェックポイントC がある東急リゾートタウン浜名湖の敷地で昼食取った後、ゆっくり休息して、11:00前くらいにリスタートしました。
心なしか手足に力が入るようになったような…(微笑)
この後チェックポイントDとの間には、利木峠という小さな峠があります。
本イベント唯一と言ってよい山岳区間です。
補給済で何だかワクワク感が湧き上がって来ました。よし、元気だ(笑)
DSC06060.JPG
再び猪鼻湖沿いに走り、天竜浜名湖線と並走する区間。電車は見てないなあ…。
三ヶ日町の街並みを見ながら湖岸を進み、三ヶ日駅の手前で線路を越え、R362に出ます。
DSC06062.JPG
しばらくの間、前走のガチャピンさん(ヘルメットにガチャピン?)と一緒でした(微笑)
その先、西天王町交差点でR301に左折し、踏切で再び線路を越えると、天竜浜名湖線に沿うように南下していきます。
DSC06064.JPG
奥浜名湖駅近くでしょうか。前方の扇型の建物はホテルCLASSEとのこと。
DSC06065.JPG
11:20頃、尾奈駅に到着。うなぎトイレがある駅です(微笑)
この先は山岳区間(微笑)になりますので、トイレ借りちゃいましょう~。一緒に走ってた集団の方達には先に行ってもらいましょうねえ。
上りで追いついちゃうよ~と、淡い野望を抱いていることは誰も知らず(笑)
およそ3分程の差で、私も尾奈駅をリスタート。線路を渡って、峠に続く農道を目指します。
DSC06066.JPG
この直線の先、途中左折して山並みに向かいます。
30km/h程で走行中ですが、私がいた集団はおろか、誰も前に見えませぬ…。
左折するとうねる様に上って行く農道が目の前に現れます。よ~し!楽しんじゃうよ~。
アクションムービーカメラの録画スタートボタンを押して、ヒルクライムモードです!
遠くに見えていた前走者がどんどん近づいて来ると、追いつけ追い越せと逸りますが、ペダルを回すペースを一定に保つように心掛けます。
利木峠は大まかに二段階の上り。勾配 8%程度の一段めを上って、ひと息つくと勾配 10%程度(いずれもサイコンの実測から)の二段めが待ち構えています。斜面を巻くように上って行くので、視界も開けて気持ちのいい峠です。
ピークを過ぎて知波田駅への下りは、植林の間を抜けて行くイメージの道という記憶があります。
DSC06067.JPG
こ~んな感じ!上り坂は辛いけど、この風景の中を走っていることが楽しい~!
各自のペースで上ってますので、急な区間は押し歩きしている人もいますし、私のようにせっせとペダルをこいでいる人もいます。
見覚えのあるジャージの人を抜く度に、心の中で「よっしゃ~」と自分を盛り立てます(笑)
DSC06068.JPG
ピーク(標高92m)周辺というところ。ちょっち疲労の色は隠せませんな(微笑)
ここに到達するまでに、先行していたガチャピンさんも抜いてきました。
大してヒルクライムは得意ではありませんが、このイベントでは、唯一悦にひたれるポイントですな(笑)皆さん、そんなにガチには上ってませんので…。
DSC06069.JPG
んで、下り。この先行者さん、同じようなペースでドカ~ンと下りて行くので、無理に詰めたり、抜きにかかることもなく、ちょっとだけ距離を開けて一緒に下りていきます。
DSC06070b.JPG
およよ?ペース落としたなあ~と思ったら、女性を含むグループに追いつきました。
抜くかなあ~と思ったら、ずっと後ろに付けているので、まあ、なんて紳士なお方。では、私も合わせましょう(笑)住宅も見えて来ましたし、原チャリ並みの速度で走るのも危ないですから。
DSC06072b.JPG
R301に合流しました。この先、知波田駅手前で、再び湖畔の遊歩道に向かいます。
DSC06073.JPG
ヤマハマリーナの横を抜けて遊歩道に出ました。もう少しでチェックポイントDです。
DSC06074.JPG
11:55頃、チェックポイントDである松見ヶ浦広場に到着です。
ここではウズラの卵の燻製を2つ頂きました。
昨年はヨーグルト飲料も付いていたんですが、今年はウズラちゃんだけ(悲)昨年のアンケートで牛肉がいいって書いたから、すねてしまったんでしょうか…(苦笑)
今年は待ち時間なしで、すぐリスタート出来るようですが、せっかくなんで、アクションムービーカメラの充電も兼ねて休憩を取ることにしました。
DSC06077.JPG
高そうな自転車、みんな横倒しです(微笑)皆さん機材にお金かけてますなあ~と観察モード。
チェックポイントCの腑抜け状態から、峠走行で一気に目が覚めたようで(笑)残りの30kmちょいもイケるね、と確信。と、当時の私は酔いしれておりますが…。
帰宅後、更に自分に酔いしれる為に撮影した利木峠アタックの動画は、何と録画されておりませんでした…(泣)ピークからのダウンヒルが撮影されており、どうやら途中、録画開始と停止のボタン操作を勘違いしていたようですな(笑)
やはり、うっかり発動中のようです(苦笑)
さてはて、この先、もう何事もなければよいのですが…。
その5につづく~。

浜名湖サイクルツーリング2016、走ったよ~。その3 [ちょいコギ]

浜名湖ガーデンパークがスタート/ゴールの浜名湖サイクルツーリング。
昨年に引き続き、参加してきました。
チェックポイントBがある奥浜名湖田園風景博物館駐車場を 9:35頃に出発です。あまりゆっくり休んでると、この先かえって辛くなりますので、ほどほどでリスタートです。
田んぼを抜ける農道?市道?は舗装もきれいだし、路肩も広くて爽快、爽快。
DSC06050.JPG
ほどなく奥浜名湖に出まして、またまた湖岸を走行します~。
DSC06052.JPG
R362に合流しました。車の通りはあまり多くはありませんが、歩道が広いのでこちらを通行。
寸座交差点でR362からそれ、再び湖沿いへ。浜名湖SA方面へ回り込みます。
DSC06053a.JPG
東名高速に沿って小さな丘を上って行きます。急に現れた坂に皆ダンシング~!
側道を下り、天竜浜名湖線を越えて、再びR362に合流しますが、浜名湖佐久米駅の先でK310へつなぎ、東名高速をくぐって、線路を越えて浜名湖に沿います。
K310は道幅も狭くなってきたので、ボートハウスの隙間から湖畔の遊歩道に戻ります。
DSC06054a.JPG
遊歩道は爽快ですが、この辺りはボートの桟橋も多く、人通りもあるので安全走行ね。
DSC06054b.JPG
日差しも良く、植物の生育も良いのか?所によりブッシュに! 更に水溜りに皆、悲鳴~(笑)
DSC06056.JPG
礫石神社がある小さな島が見えて来ました。撮影スポットだね。
島を横目に、くるっと回り込むので、その先に島をバックに撮影するALL SPORTSのカメラマンがいるはず~と、ちょい緊張しましたが…(微笑)
あれ?いないや?昨年はいたのになあ~。逆光気味になるから、やめたのかなあ?
間もなく猪鼻湖に出る為に、浜名湖レークサイドウェイの歩道へと歩道橋を押し歩きします。アクションムービーカメラで動画を撮っていたつもりだったのですが、撮れてなかったので、ボタン上手く押せてなかったみたいです(悲)
DSC06057b.JPG
東急リゾートタウン浜名湖が見えてくると、湖畔を離れ、テニスコートを回り込みます。
テニスコートの横の空き地にチェックポイントCがあるはず~!ちょっと早いけど昼食なんだ~(喜)
10:30ちょい前にチェックポイントCに無事到着で~す。
空き地は先着した参加者がいっぱい。皆、座り込んでお弁当を食べています。
う~ん、場所がないから、奥のバスケットボールのコートに行こう…。
押し歩きしてコートに入ると、こちらも割と混雑中。それでもコート端に人がいない所があったので、そこのネットにチャーリーを立てかけようと思い、転進したら…スルっと…!?
ステムを掴んでいたはずの右手が、空を掴んで、ガッチャンっ…。
あう…。右側に倒しちゃったよ…(泣)
DSC06057c.JPG
右側のブラケットカバーが傷ついて、バーエンドに付けていたミラーが折れちゃいました…。
リアディレーラーは取り付けネジの所が傷ついてましたが、エンド金具は曲がってない模様…。
チャーリーのチェックを素早く行い、平静さを装いながら(苦笑)スタンプカードを持って空き地に向かいます。きっと周りの人達に、「あ~あ~、やっちゃったよ、あの人」って思われてんだろうなあ~と、恥ずかしいやら、チャーリーに傷が増えたことで超ブルーやら…。
DSC06057d.JPG
ここのチェックはセルフスタンプなのね。お弁当配りでスタッフさん忙しいので。
DSC06058.JPG
で、お弁当もらおうとテントに近づいた際、昼食引換券を持って来てなかったことに気づく(苦笑)
ああ、相当キテるね…。ヤラレまくってるね…。
もう一度チャーリーの所に戻ると、チューブバッグに入れておいた引換券を取り出して、トボトボとテントへ。誰も私のことなんか気にもしてないとは思いますが、何だか恥ずかしくて…(笑)
DSC06059.JPG
ようやく手に入れた昼食です(笑)今年はちゃんと豚汁もらって来ましたよ~(昨年忘れた)
黙々とお弁当を食べます。
これまでのエイドで揚げ餃子とみそ饅頭は口にしてましたが、飲料以外では何も食べてませんでした。
早朝、開会式前におにぎりとカロリーメイト2本食べてましたが、そのエネルギーはここに来るまでに尽きていたのかもしれません。チェックポイントC到着後、ちょっちボーっとしてたかもね。
だからチャーリー倒しちゃったのかな?
まったく、相変わらずのノーマネジメントです(苦笑)冷静なようで、自分のことは割と何も考えてない…かな?
アクションムービーカメラの充電も兼ねて、自分も充電していきましょうねえ(笑)
食後は足を投げ出して、目を閉じて、ゆっくり休息を取ります。
日差しもあって暖かいのが幸いですな。
春を実感…。
その4につづく~。

浜名湖サイクルツーリング2016、走ったよ~。その2 [ちょいコギ]

夕方、料金プランの相談に海老名駅前のDocomoショップに行ったら、同じような分類で 20数組の待ち(泣)結局窓口に呼ばれたのは 20:30頃。すでにショップは閉店してて、ガラス戸にはカーテンが下ろされてます。22:00まではシステムが動いているとのことで、私達の後には更に20組以上が待っていると表示されています。確かに店内には椅子に座れない程、まだお客さんが残っていました。
適正なプランを選択して変更をお願いし、ショップを後にしたのは21:00のこと。CMのようにいろいろキャンペーン中で、月末、特に年度末は連日こんな感じなんだって…。大変ね(苦笑)
月に5,000円以上も安くなったんで、もちっと早く変えておけばと…ちょい後悔。
んなわけで、ハマイチのレポートようやく、その2です(苦笑)

浜名湖ガーデンパークがスタート/ゴールの浜名湖サイクルツーリング、昨年に引き続き、参加してきました。チェックポイントAがある浜名湖パルパル駐車場を 8:50頃に出発です。
5分もいなかったかも…。本当に揚げ餃子食べただけねえ(苦笑)
DSC06039a.JPG
K320に出て、再び浜名湖沿いに走ります。ここからはシングルでお気楽走行~。
DSC06040.JPG
動物園入口交差点を左折します。信号待ちで詰まっちゃいました。
この先、ちょっとした急な短い坂を上り、一気に下って行くと、再び湖岸の道につながります。
DSC06040c.JPG
上りで集団もばらけたので、速度も乗って集団も間延びしてきました。
奥浜名湖に沿って、次のチェックポイントに向かいます。
今回もスマホでEndomondoとCATEYE Cyclingを起動して、GPSログを取っていましたが…。あとで見返したところ、Endomondoのログでは奥浜名湖に出た所でログが吹っ飛んでいて、瞬間的に10km程東のR152に行ってます(苦笑)
DSC06040c.JPG
宇宙人にさらわれて、記憶がすり替えられたのかと思いました(笑)
実際のGPSログは奥浜名湖を周っており、走行距離もCATEYE Cyclingと大差ないので、表示だけの問題みたいでしたが…。やっぱり、今のEndomondoは何かしらの問題があるなあ…。
まあ、そのうちCATEYE Cyclingだけにすると思いますが(苦笑)
当時はそんなこと知る由もなく、気持ち良くペダルをこぎ続けていました。
DSC06042b.JPG
オレンジ ビブスのスタッフさんに引っ付いて走ります。ご苦労様です。
ミニベロ ロードってこともあるのでしょうが、比較的速度もゆっくりめ。私ものほほ~んと付いていたら…「先に行って~」とハンドサイン出されちゃったので、抜いて再びシングルで走ります(微笑)
DSC06044.JPG
遠目に湖岸の道を走る参加者が点々と見えます。私もその一人ね。
DSC06045.JPG
ちっちゃい岬みたいのを回り込むと、都田川に沿って天竜浜名湖線 気賀駅方面へ向かいます。
DSC06046b.JPG
澪つくし橋を渡ってる途中、ALL SPORTSのカメラマンが待ち構えてました。
今回はあまりポーズを取らないように~と、平静を装って通過します(微笑)
浜松市北区役所を回り込んで、奥浜名湖田園空間博物館のに向かいます。
昨年は博物館施設のすぐ横のグラウンドがチェックポイントでしたが、今年は道路を挟んで反対側の砂利敷きの空き地にテントがありました。
チェックポイントの出入りで道路を横断するのが危険と判断したんでしょうかねえ。
DSC06047.JPG
9:20頃、チェックポイントBに到着しました~!
1時間ほどでここまで来ましたが、20kmも走ってないですし、平坦基調のコースなので特に疲労感はなしです。気温も上がってきて、ポカポカしてきました。
DSC06047b.JPG
奥浜名湖田園空間博物館のチェックポイントのエイドと言えば~みそ饅頭です。
昨年どれを食べたか忘れましたが…(苦笑)今回は右下の外山本店さんのにしました。
DSC06048.JPG
饅頭の皮がふわっとしている感じかな…。食べ比べないと違いがわからないねえ~(微笑)
ここに来るまで割りとアクションムービーカメラで動画撮影してて、ちょっちバッテリも消耗していたんで、モバイルバッテリをつないで5分ほど充電してました。
次のチェックポイントがある東急リゾートタウン浜名湖までは20kmあります。そこまでにバッテリ切れちゃったら、めちゃ悲しいもんねえ。
んで、その間、私は長閑な田園風景を眺めながら、ぼへ~っと日向ぼっこです(微笑)
その3につづく~。


浜名湖サイクルツーリング2016、走ったよ~。その1 [ちょいコギ]

浜名湖ガーデンパークがスタート/ゴールの浜名湖サイクルツーリング、昨年に引き続き、参加してきましたのでレポートしちゃいます~。
とはいえ、昨日19:00前には帰宅したのですが、お風呂入って夕食後、2時間ほどで睡魔に襲われ、これは翌日に記載しています。多分こうなるだろうと有休入れておいたんだな(微笑)
それでは…。

DSC06022.JPG
27日(日)朝日が昇ったばかりの6:00、受付開始です。
受付を済ませて車に戻ろうと振り返ると、出展準備中のメーカーブースで人だかりが…。
DSC06023.JPG
むむ?YAMAHAさんのブースですね。ってことは…。
DSC06024.JPG
おお!電動アシストロードのYPJ-Rではないですかっ!?
BiCYCLE CLUBで紹介されてたんで覚えてます…。15.3kgというロードとしては驚愕の重量(笑)
岩田編集長が119万円かけて、フレームとドライブメイン以外全て軽量パーツと換装し、11.45kgまで軽量化に成功。ヤビツ峠でJプロツアー選手でもある副編の山口氏のロード車とヤビツ峠で勝負するという企画は面白かった。結果は30秒差で山口氏の勝ち。しかし31分30秒というタイム(デイリーヤマザキスタート)でヤビツ峠を上れるのはスゴイ。ちょっと前に岩田編集長はGIANT PROPELに乗って、名古木交差点スタートで1時間4分だったそうですから(私は攻めないんで、1時間です(笑))
そりゃあ、メカニカルドーピングってのも出てくるわけです(苦笑)10年後のスポーツ自転車ってのは結構変わっているかもしれませんね。
おっと、だいぶ横道にそれました。失礼、失礼~(微笑)
DSC06026.JPG
深谷産業さんのブースも準備中。エディ・メルクスやセラ イタリア等いろいろ取り扱ってる会社です。
DSC06027.JPG
これ、受付でもらったもの。スタンプカードに大事な昼食引換券と、お約束の観光案内。
間違い探しです。わかります?スタンプカードのスタンプ押す箇所3つしかありません。コレ、38km走るファミリーコースのカードです。約90km走るレギュラーコースのスタンプは5つです(苦笑)
この直後気付いて、慌てて受付に交換しに行ったのは言うまでもありません。すぐ気付いてよかったよ~。色も同じだったから、間違えて渡してしまったのね…。
今回おまけでもらったのは、赤いバンダナ…。微妙だなあ~と思ったら、ビブスの代わりにヘルメットなどに着けて下さいだって。ゼッケンシールとバンダナで参加者であることをアピールするらしいです。
ほう、それでやたらヘルメットに結び付けてる人が多かったのねえ。ずいぶんとノリノリの人が多いなあ~と思ってた(微笑)
DSC06029.JPG
MAVICのニュートラルサービスカーが来ました!カッコイイ~。
今日、ニュートラルサービスで一緒に走ってくれるのかなあ~(んなこと、ないっしょっ(笑))
DSC06029b.JPG
さて、チャーリー(GIANT TCR)を起こしましょう~(微笑)おはよう!
今回ばらしてスタンドに固定~ではなく、後席フラットにして寝かせて運んだんだな。手抜きしたというか、「現地で組んで発生するリスク」を抑えたかったのね。まあ、理屈抜きでお手軽(笑)
着替えも済んで車内で待っていると、開会式を告げるアナウンスが。
DSC06030.JPG
7:00~開会式始まりました。珍しくステージ近くまで行ってみた(微笑)
鈴木 康友浜松市市長もサイクルジャージで登場、ちょっと走るらしいです。静岡サイクル協会の方、浜松市と交流している台湾の方、警察署のお話と続きまして開会宣言です。登壇した交機の方はスポーツウェア姿で、お子さんの自転車借りて参加のことです。ご苦労様です。
今回の参加者数はレギュラー1,600人、ファミリー300人と大賑わい!東は青森から西は長崎まで。何と個人参加で台湾から2組の参加者があったとか。大きなイベントになりました。
私のスタートは2ブロックめなんで、時間も余裕あるけど、ブリーフィング場所で待ってようか…。
DSC06030b.JPG
スタートが10:00~のファミリーコース参加者も到着して、だいぶ会場も賑やかに。
ゼッケン001~300のスタートを見送っていたら、私バンダナしてないことに気づきました。
あ~、荷室に置いたままだあ~。
早速本日のうっかり発動です(笑)ブリーフィングまでは時間もありそうなので、駐車場のしろくまくん(ホンダ ストリーム)まで取りに行きます。
首に巻いてる人もいるけど、今はバフ巻いてるしなあ~。しょうがないのでヘルメットの後ろに括り付けますが、なんかウサギみたいになった…(苦笑)40半ばのおじさんには酷な気もするが、ブリーフィングに間に合わないと次のブロックになっちゃうから、贅沢は言ってられない…と、足早に戻ります。
きっと、もう忘れ物はないよねっ、よし、大丈夫。
ブリーフィング後、10人ずつの列を作って順次スタートです。各列には先導のスタッフさんが付きます。
快晴ですが空気はまだ冷たく、周りはヤッケとかウィンドウブレーカーを着ている人が多い。
私は結局のところ裏起毛ジャージ&ロングタイツ。急遽Amazonポチして昨夜届いたXINTOWNの上下セットです。
足柄ロングライドで同じ柄を着ている人見かけたんで、カブる人いるかな~と、内心ドキドキ。小心者だなあ~(笑)やっぱり、オリジナル作ろうかなあ~。
DSC06030c.JPG
8:20頃、私の列スタートです。今回は最後尾だったみたい。
スタート直後水路に沿って浜名湖岸へ、ちょっとだけ未舗装路を通って、湖に沿って走る遊歩道に上がります。
DSC06032.JPG
左の植込みの向こうは浜名湖なんですが…。あ、ちょっとペース速くない?
昨年スタート時の列は皆ウォーミングアップってな感じで、一列でまとまったままゆっくり舘山寺を目指したんですが…。スタッフさん飛ばしているのかバラバラです(微笑)
DSC06033.JPG
すぐ横は浜名湖です。気持ちいい!でも、日陰は寒~いっ!
寒いからか飛ばして、抜いて行く人も多い。こいでないとちょっと寒いのはわかりますが(苦笑)
DSC06035.JPG
湖面は静か…。やっぱり参加してよかった~と思えた瞬間です。
DSC06037.JPG
おそらく前の列の方も吸収したようで、ようやく車列になりました。
スタート直後のこの区間で追い越しが発生するとは考えてませんでした。まあ、ペースもバラバラだからねえ…(苦笑)
それでも一般の方も遊歩道にはいるので、皆さんパスするのは慎重に行っています。よしよし。
DSC06037a.JPG
舘山寺町の先っちょが見えて来ましたよ~。もう少しでチェックポイントAです。
DSC06037b.JPG
湖岸から外れ、舘山寺ターミナルの駐車場へ。
このように要所要所にスタッフさんが案内で立ってます。本当にご苦労さまです。
DSC06038.JPG
8:45前、チェックポイントAに到着しました!
DSC06039.JPG
浜松市といえば~餃子!ここでは揚げ餃子を頂きました!
さあ、早々に次に向かいますが~。
画像枚数も多いので、例によって複数記事に分割させていただきますよ~。なるべく旬なうちにアップしたいので、今日明日中にはゴールまでもって行きたいねえ(微笑)
その2につづく~。


浜名湖ガーデンパーク到着~ [日常]

5:40頃、無事に浜名湖ガーデンパークに到着しました。
早くも十数台の参加者の車が到着しています。
DSC_2437.JPG
受け付けテントも着々と準備中。
三方原PAには2:00前には着いてて、車内で寝袋とタオルケットにくるまって寝ていましたが、かなり冷え込んだので、これでも少し寒いくらいでした。
とはいえ、昨年は雨で起こされたから、今年の方がぐっすり眠れた気がするね(微笑)
6:00から受け付け。間もなく日の出かな。
DSC_2444.JPG
あやなさんが作ってくれた、てるてる坊主のチャームのおかげで、天気は良さそうです~。
さあ、楽しんできます~!


浜松市へ。牧之原ICなう。 [日常]

浜名湖サイクルツーリング参加のため、26日 22:40過ぎ海老名市を出発しました。
DSC_2436.JPG
日付変わって27日 1:00、牧之原ICで休憩中。
トラックも多く、気を使う深夜のドライブですが、今のところ順調です。
この後もう少し走って、浜松西IC手前の三方原PAで仮眠する予定です。
天気はそこそこらしく、ウェアに悩んで、長袖と半袖両方持ってきてしまいました(笑)
さあ、もうちょこっと安全運転~。

茅ヶ崎ぶらぶら~。 [ちょいコギ]

今日はマンション各戸の火災報知機点検の日。
我が家のスラングでは「ピロピロおじさんが来る日」(笑)
DSC05992.JPG
ちーちゃん、第一種警戒態勢です(微笑)
点検作業員の方が、各部屋の火災報知器の作動確認をします。
作動すると報知器がピロピロピロピロ…と鳴るんだな。
DSC05993.JPG
音が鳴る度、ちーちゃん、ビビってます。
DSC05995.JPG
「び、ビビってねえし…。」
ちーちゃん、腰引けてますよ~。あはは。
無事点検も終了し、お昼を食べた後、久々にチャーリー(GIANT TCR)乗ってこよう~とお出掛けです。13:00を回った頃だったでしょうか…。
このところの相変わらずで、行先も決めないままこぎ出します。K46を南下。
午前中は日差しもあったのに、何だか雨粒がたま~に降ってくるあいにくの天気です(泣)
横に見える大山に薄っすら雲がかかるのを見て、海方面とか、遠出はやめよう~と思い、寒川神社手前で目久尻川方面へ。
目久尻川を渡って、茅ヶ崎里山公園の方へ。
DSC06001.JPG
小出川に架かる新道橋。いつもの所ね。Fフォークのオレンジ領域が増量中(笑)
DSC06002.JPG
トイレを借りに茅ヶ崎里山公園に寄ったら、きれいなコブシの花が咲いてました。
ここに来る途中ではハクモクレンも咲いていましたが、木によっては、しおれて散り始めてるのもあって、写真は撮りませんでした。つい、この間咲いたと思ったのに…。
今日は半袖ジャージ&レーパンにアーム&レッグウォーマーだったんですが、さすがに風が冷たくて、途中ウィンドブレーカを羽織りました。そのまま小出川に沿って南下し、新湘南バイパスをくぐります。
DSC06003.JPG
K45を南下。久々にこっちに来たかも。ここらは自転車用レーンが広くて走り易いネ。
中央公園の所を曲がって、JR相模線 北茅ヶ崎駅横から線路を渡ります。
ちょっち雨粒も多くなった気がしたので、何となくK404で北上します。
慶応大学 藤沢湘南キャンパスの方へ戻ることにしました。
DSC06006.JPG
キャンパスの南、再び小出川沿い。きれいな桜(かな?)が一本。
キャンパス横の坂を上って、宇都母知神社前を通り、バイパスの打戻大仲交差点に出ます。
DSC06008.JPG
大山も雲に隠れたり、現れたり…。今日はパッとしない天気だなあ。
DSC06011.JPG
再び目久尻川に戻って来ました。カモさんがのんびりしてます。
DSC06013.JPG
戸中橋周囲は工事中で車は通れませんでした。
自転車は通り抜けられるようですが、せっかくなんで目久尻川沿いに戻って、K43で戻ります。
東名高速をくぐって、南伸道路まで戻って来ました。弱い北風で速度も乗りません。
まあ、浜名湖サイクルツーリング前にいろいろいじったチャーリーの具合を確認したかったから、今日の目的は達成されてるもんね。ゆっくり帰ろう。
予備Fフォークは何の問題もないし、微調整したRディレーラーの調子も良い。
特に問題となるのはないかな。
ちょっち気になるのは、センタースリックになる程度に使い込んだタイヤですが…。割りときれいな路面だと、タイヤが引っ付くような感じがします。センターの溝が薄れてるからかな…?
気のせいかもしれませんが(苦笑)
DSC06016.JPG
南伸道路ではハナモモの花がきれいに咲いています。
茅ヶ崎で見たソメイヨシノは、ちらほら咲いていました。もう少しするとたくさん咲くね。
15:40頃、無事に帰宅しました。総行程40.43kmのお散歩ちょいコギ。
春とは思えないほどの寒の戻りでしたが、どうやら日曜の浜名湖も、あんまりいい天気ではないらしい…。昨年は暖かくて、穏やかな春の日だったんだけどなあ~。
着るものには、ちょっと悩むかも…。

フロントフォーク換装~。 [日常]

肌寒い日。結局この三連休、神奈川県央部はあんまし天気には恵まれませんでした。
平塚競輪場では湘南バイシクルフェスも開催されていたようですが、お彼岸ということでお墓参りもしたかったし、先日のリベンジで再び小田原にお買い物に行ったので、平塚へは行かず。
そうそう、フロントフォークに塗布したウレタン クリアの硬化は約1.5日ということだったので、チャーリー(GIANT TCR)に装着してみましょう~。
化学変化で硬化するのですが、1週間とかまでは必要ないらしい…。
DSC05990.JPG
これ、換装前の状態です。
DSC05991.JPG
換装後のチャーリーです(笑)
間違い探しに近いですな(苦笑)
う~ん、ここまで変化に乏しいとは思わなかった…。
こんなことなら、もう少し冒険してもよかったかなあ~(微笑)オレンジ水玉とかウェーブとか(笑)
まあ、これで暫くいってみましょう~。
まさか浜名湖に持って行けるとは…(苦笑)

フロントフォーク、クリア吹きました。 [日常]

チャーリー(GIANT TCR)のスペア フロントフォークの塗装も佳境に入りまして、本日はウレタン クリア塗装をかけました。
朝起きた時、海老名市の天気は雨。本日の作業は諦めかけていましたが、9:00前には止んで、10:00過ぎには時折日差しも見えるように…。
ど~んと晴れてしまうと、一気に湿度が上がって塗装には適さないのですが、どちらかというと曇り空。空気は少々冷たいですが、あまり風もなかったので、今がチャンスとクリア吹きに着手します。
完全に乾く前に何度も重ねて、厚いクリア層を作っていきます。多少のムラがあっても、重ね塗りの段階で馴染んでしまうので…ラッカーのカラー塗装よりは楽なのですが、他の方のブログにもあるように、この99工房のウレタン クリア、糸くずなどを引き寄せるようです(苦笑)
大半は私から出ているものだろうか…?大きいものはトゲ抜きを使って取り去りますが、トゲ抜きで取れなかったものはクリアに塗り込んでしまいました(微笑)
白とオレンジの塗膜の段差が完全になくなるほどに重ねています。さすがにカッティングシートの段差は完全にはなくせず仕舞ですが、シートのエッジはクリア層に馴染む程度にはなっています。
DSC_2433.JPG
しばし、乾燥に入ります。硬化してくれれば完成です。遠目には問題なく見える~(笑)
昨夜、フォークコラムをカット済なので、スターファングルナットを適正位置に打ち込めば、チャーリーにセット可能状態になりますが…。完全乾燥まではずいぶんとかかると思うので、やはり浜名湖には持っていけませんねえ(苦笑)
走りながら乾燥~という暴挙もありますが(苦笑)あとで後悔するのも何なんで…。いや、でもなあ…。
こういうのやっぱり楽しいねえ~。
勢いでチャーリーのフレームも塗装しちゃおうか~とか考えちゃいましたが(笑)
今はやめておきましょう、あはは。


メッセージを送る