So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

伊豆スカイライン国際ヒルクライム! [ちょいコギ]

10月14日、行ってきました伊豆スカイライン国際ヒルクライム!
伊豆スカイラインを交通規制し、自転車に開放したヒルクライムイベントです。
職場自転車部のNさんと海老名市内で3:00に待ち合わせ。
東名高速~新東名 長泉沼津IC~伊豆縦貫道~伊豆中央道~K19で伊豆サイクルスポーツセンターに到着したのは5:00頃。
神奈川県から静岡県にかけては結構雨が降っており、ちょっと心配。
5kmサーキットのホームストレートに車を停めますが、周囲は真っ暗。
ルームランプを頼りに準備を進めます。
トイレはスタンド(?)の方にしかなかったので、駐車場側に仮設があるといいかも。
真っ暗けっけなんで、上にどう上がれるのかが全然わからなかった…(苦笑)
DSC_2662.JPG
ようやく明るくなってきました。Nさんはローラー台でアップ中。
私は傍らでストレッチしていますが…小雨になったものの随分と寒いです。
DSC_2663 - コピー.JPG
スタート会場はベロドローム横の駐車場。雨除けでベロドローム前で待機してます。
せっかくの開会式イベントも、皆雨宿り中でステージはちょっと寂しそう(微笑)
下山リュックは作ってきたのですが、雨対策でウィンドブレーカを羽織っていたので、結局荷物預けはせずにウィンドブレーカを背中のポケットに入れて走ることに。
下山リュックには着替えの裏起毛アンダーやタオルも入れてたんだな。ま、いいか。
DSC_2664.JPG
雲の切れ間から日差しものぞいて、薄く虹が見えます。いいスタートゲートですね。
b001.jpg
6:50、我々の第2ウェーブがスタート!計測開始位置までパレードランです。
ハンドルマウントのシマノスポーツカメラを撮りっ放しにします。
さすがにいつものようにデジカメ手持ち撮影は危険だからね(微笑)
3km程パレードランして、伊豆スカイライン 山伏峠ICに向かう上りに入ると、計測開始地点がありました。
b002.jpg
Nさんとグータッチして、各々ペースでヒルクライム開始です!
路面の水ハネでカメラ画像エライことになってますな(苦笑)
ここから伊豆スカイライン 玄岳IC付近まで9kmほど上りが続きます。
所々10%を超える勾配が出現しますが、緩斜面を利用してタイムを稼ぎます。
b003.jpg
雲が低く見晴らしは期待できませんが…というより景色見る余裕はないかも。
玄岳ICのピークを通過し、熱海料金所に向け、下り区間も増します。
ここが稼ぎどころですが、頻繁に現れる上り返しに手こずります。
でも、伊豆スカイラインを自転車で走れることに感動~。
ドローンでの撮影もしているとのことで、頭上でモーター音が響きます。
b004.jpg
熱海料金所手前のヘアピン前に計測終了地点がありました。
ラストスパートかけようと頑張ったものの、Finish地点はちょっと上り…失速です。
もう少し追い込めたかな…と思うも後の祭り。8:05頃ゴールしたかな…。
熱海料金所を目指します。
DSC_2665 - コピー.JPG
料金所を通過しました。皆この先の十国峠駐車場に移動します。
DSC_2666.JPG
先着していたNさんとドライブイン内で温まります。外は超寒っ!
下山リュックを預けなかったことを少々後悔しました…(笑)
ここの自販機で温かいコーヒー買って、のんびりしますが…座れる所も少ないので、お土産コーナーとかで商品見てるふりして談笑してます。
下山は9:30からということで、1時間以上もあるのね…(苦笑)
ずいぶんのんびりしていたので、下山の第3ウェーブになっちゃいました。
DSC_2670.JPG
さすがにウィンドブレーカ1枚じゃ寒いっす。Nさんもぶるぶる震えています。
まだ、私はアームカバーに薄手のタイツ履いてますが…Nさん生足です(笑)
DSC_2671.JPG
9:40頃下山スタートです。皆さんそれなりの装備ですね。正解です(笑)
走り出してしまえば、下山とは言え所々に上り返しもあるので、身体も温まります。
上りはNさんと談笑できる程度のペースで、ダンシングの練習とかしながら…。
DSC_2673.JPG
玄岳IC手前で一旦休憩~。往路よりも景色が見渡せるようになりました。
駿河湾と相模湾がいっぺんに見えるってのも、伊豆スカイラインならではですね。
無事にK19まで下ってきたものの、サイクルスポーツセンター入口の10%以上勾配が、この日最もキツかった坂でした(苦笑)
ここで最大心拍数出しましたもの(笑)
10:40頃だったか、無事に会場到着しました。
完走証代わりのドッグタグをもらって、一旦車に戻って着替えてくることにしました。
DSC_2675.JPG
子供向けのイベントとかキッチンカーで賑わっています。
500円分のクーポン券もらっているので、あとで食べに戻りましょう。
DSC_2676.JPG
こちらがドッグタグです。私はシルバーでしたが、Nさんはブラックでした。
タイムの差かな???
自転車を車に積んで、着替えも済ませて、会場に戻ったのは11:00過ぎだったか。
DSC_2677.JPG
大きなホットドッグを売ってるキッチンカーで、チーズBBQドッグを注文。
食べ応えがあって、美味しかったです。
タイムは公開されてなかったので、実質どれくらいだったかわからず。
計測開始の時間を忘れてしまった…(苦笑)
そのうち公開されるかな(16日に公開されました)
表彰式をやってる傍ら、我々はサイクルスポーツセンターを後にします。
伊豆スカイラインは14:00まで規制中なので、熱海市に下りて海沿いのR135で神奈川県へ戻りました。
コースも思ったほど走りにくくはなかったし、いい経験させてもらいました。
伊豆の素晴らしい風景の中、安心してヒルクライムに集中出来たことは、各スタッフさんら運営側の皆さんのおかげです。ありがとうございました。
今回が第1回ということで課題もいろいろあったのかもしれませんが、是非また参加させていただきたいですね。
第1回 伊豆スカイライン国際ヒルクライムのレポでした~。
さあ、今年のイベントは鶴峠を残すのみとなりました。

nice!(12)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 12

コメント 2

creeker

伊豆スカイライン国際ヒルクライムお疲れ様です。
普段は車の通行しかできない爽快なワインディングロードをこの大会で自転車で走れるなんて知りませんでした!
十国峠、標高も高いしとても寒そうな雰囲気が伝わってきます。
久しぶりに十国峠まで走りに行きたくなりました^^
by creeker (2018-10-17 23:11) 

裕ぱぱ

creekerさま
コメントありがとうございます。
第1回って言ってますから、来年もきっと開催されると思いますので、是非どうぞ。
参加者もガチのレーサーから、クロス、MTBで参加している方も。
伊豆スカイラインを自転車で走れるっていうのが、貴重な体験でした。
ちなみに…早速あがった他の参加者のYouTube動画には、ゴール直前でもがいている私の姿がしっかり映っていました(微笑)
by 裕ぱぱ (2018-10-19 11:47)