So-net無料ブログ作成

宮ヶ瀬、試走! [ちょいコギ]

お休み2日め、組み上げたナザレさんで山の方へ出掛けます。
10:00過ぎ出発というのは、そろそろ暑さ的によろしくないかな(苦笑)
DSC05324.JPG
久々に小鮎川沿いに北上。おお、所々に色鮮やかな紫陽花がお出迎えです(微笑)
DSC05325.JPG
間もなくR412に合流ですが…川沿いの草の茂り具合が真夏のようですヨ。
道幅が半分近くになってますナ(笑)
DSC05326.JPG
R412に合流。サイコンで31℃って表示で…嘘やんって思ったら路肩で30℃表示(笑)
汗が噴き出すのも無理もない…。
南風も強く、行きはよいよい帰りはコワい~ってところでしょうか(微笑)
DSC05327.JPG
半原日向交差点を通過し、オギノパンまでのヒルクライムが始まります。
NAZAREで坂を上ることに関し、感覚を研ぎ澄ませていますが…進むなあ~。
TCR SLRよりもロスが少なく思える…個人的感想ですケド(笑)
とは言え、ガンガン攻め込んだわけではないので、後でSTRAVAを見返したらタイム更新はならずでした。うまく言えませんが…総合的に乗りやすいフレームだなあ。
DSC05328.JPG
少々息も上がった状態でオギノパンに到着。11:30前のことです。
駐車場は空いてる方ですが…何と小学生の社会科見学のようで、大勢の生徒さんがご来場してます(苦笑)奥には大型バスも。
自販機で飲料水をボトルに補給しておきましたが…店内はちょっと混雑気味。
丹沢あんパンでも…と思いましたが、屋外販売はこの日はしてないので、飲料水補給だけでリスタートします。
まあ、お腹についてる燃料で何とかなるでしょ(笑)
DSC05329.JPG
韮尾根トンネルです。これをくぐれば宮ケ瀬湖です。
トンネルの中は超涼しい…むしろ寒いくらいかな。
逆さづりVOLT200もちゃんと路面を照らしてくれているのでひと安心。
DSC05330.JPG
ダムサイトに出ました。エントランス橋でナザレさん初宮ヶ瀬詣り記念(微笑)
反対側でツーショットしようとしたら、急にデジカメの調子が悪くなりました…。
違う方向に向けるとちゃんと動くのに、そっち側向くと何故かダメ…。
これは…撮っちゃいけないタイミングだ…(怖)と直感し、ごめんなさいーと撮影は諦めてこの場を離れます。
たま~にあるんだよね、そういうこと。
のんびり北岸道路を流しますが…
さっきの代償なのか、北岸道路で撮った他の写真はデータが消えていました。
何故か鳥居原園地はスルーし、宮ケ瀬湖を周回します。
DSC05331.JPG
ちゃんと写真が残ってき出したのは、大つり橋のところから。
普段は寄らない所ですが、ふと寄って見たくなったんだな…(苦笑)
DSC05332.JPG
やまびこ大橋を通過中。この日はそのまま飯山温泉方面に帰ります。
DSC05335.JPG
車の台数も少なくて、湖の眺めを堪能しながら土山峠を目指します。
DSC05340.JPG
仏果沢橋だったかな…ちょっと停まって、湖面を撮影。少し水面が下がってるね。
DSC05341.JPG
久々に土山峠を通過。ここから清川村役場方面へダウンヒルです。
フレーム替えたばかりなので…攻め込むことも、無理することもせずに下り、自転車の挙動の感触を確かめます。
南風がそこそこあるので、吹き上がってくる風が身体を持って行こうとします(苦笑)
自転車がエアロになっても、自分が空気抵抗になってるからお笑いです。
DSC05342.JPG
飯山温泉を抜け、赤い橋まで戻って来ました。
向かい風にあらがうことなく、ギアを下げて厚木市内を抜けて行きます。
13:00過ぎ、無事に帰宅しました。
map0618.jpg
総行程52.17km、獲得標高551mのヒルクライムテストでした。
ナザレさん、なかなかイケますよ。
フジイチ、ナザレさんで問題なさそうです。
この日は歯科治療と、部外異動するNさんの壮行会で夕方から厚木市内へ。
職場自転車部はそのままですが、カレンダー通りの勤務になるNさんに対して、勤務日の土日イベントでは私だけが休暇をとればいいので、今年度から直属の上司ではなくなったH課長は歓迎しています(苦笑)そういうところはマネージャ目線だったんだな(笑)
本人のスキルアップとのことなのでNさんの今後の活躍を期待し、快く送り出すのみではありますが…自職場のマンパワー不足はより深刻になってきました(泣)
仕事の方は少々心配なことはありますが…プライベート面ではH課長とNさんにもナザレさんの事を話してまして、触発されたH課長の今後の動向が楽しみです(微笑)

nice!(21)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 21

コメント 2

soraneko

何だか、どこに行っても「人がいない」の大合唱ですね。
頭数だけでなく「戦力」として見ても、年齢に関係なく「イチ工数」の能力に満たない、生気を失った人が多いのが、笑えないけど笑うしかない程深刻です。
自転車を乗っている人は、本当に皆輝いている人が多いので、職場に戻るとより鮮明にそれを感じますね。
by soraneko (2019-06-21 16:49) 

裕ぱぱ

soranekoさま
コメントありがとうございます。
経営層は個人の能力に関係なく頭数でしか見てくれないので、実情は理解してくれません(泣)
近年、会社(世間?)は「イチ工数」未満の方々により優しく、それを補って頑張っている方々への配慮は薄いような気がします。
あんまり書くと炎上しそうなのでヤメておきますが…。
「頑張り損」が、より無気力を助長している気もしますよね。
by 裕ぱぱ (2019-06-23 11:14)